死後

Yahooにふと考えさせられることが書いてあった。死後ブログはどうなるのか・・・??
自分の奥さんや同僚の愚痴が書いてあると死後に削除してくださいと頼めないとか、削除は依頼があるまで極力しないとか、ブログやMIXI等の会社が永遠に存続し続けるとは限らないとか。。。
きっと残り続けることで、愚痴としてマイナスに働いたり、死後発見された記事、文等による見解の食い違いや誤解に対して不快にさせることもきっとあるだろうが、死人は弁解や釈弁を許されない。
が、それでも。。。
半永久的にいつづけるBLOG。そして、その書き手の死後も生き続けるBLOG。
そう思うと不思議な気持ちになってくる。
どれだけ日が立とうともそこには、その瞬間感じた思いが忘れられず書き綴られてる。
自分に子供ができて、ある日自身のブログに興味を持って自分の過去を語り合えたり、
もし自分の親父がブログを書いていて、死後ふとしたことでそれを見つけて今は亡き。。を偲んだり、、、
ヤフーで書かれていたように自身の大好きな方が亡くなった後、毎年墓碑として訪問やコメントをしたり。。
f0147746_168318.gif
と、生前も死後も何かその人が鮮明に生きてる証として感じれる場所。としてブログを考えると、なにか尊むべき場所なのかとすら思えてくる。今書いてることはホント他愛もないけど、こんな他愛のないことでいつか自分の子供が笑ったり苦笑したり呆れたりしててくれてるといいなぁ~とか勝手にものおもいにふけてみる。まず将来こどもが日本語読めてるか?ってのもあやういけどねw
[PR]
by foursideproduct | 2009-08-17 16:13 | 僕とDolis


Kneel Down For Me!!!!! Lick My Blue Leather Boots!!!!!


by tassian

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

僕とDolis
致死量が爆発するまで
Aridity embryo
ペはペペのペ
Tの葬列(作品集)
いかさまENG.のスープ
EGGNOG
Y.T. eye

T.O. P TO M

F・E・T・U・S

以前の記事

2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月

その他のジャンル

ブログジャンル

ブログ

画像一覧