国際結婚までの道程 2

婚姻用件具備証明書を自分が日本で取って中国まで持っていくためにすること。
①法務局
人生でこんなことが無ければ、きっと法務局なり近くの裁判所なり市役所なり・・・知ることはなかっただろう。最近ホントそこら辺に詳しくなった。いい経験だ。
まず、法務局で証明書を取るのだけどやはり詐欺とそうでないとを区別するために事細かに要求された。どこに最終的に中国で出すのか??という提出先を用紙に書かないといけないし、戸籍謄本も種類が違うのを・・よく聞き取れなかったけど母ちゃんに言ったら速攻理解してたwオイラにはまだまだだった。。。パスポートを取る時に一度したけどとうに忘れました。
戸籍謄本、免許書、申し込み用紙にホントの彼女の名前とホントの彼女の出生日を記入そして提出。後ちゃんと中国の辞書でその彼女の名前が合っていて存在するか確認。
約一時間後にと言われその日の内に正式な紙「証明書が」もらえる。
こんな流れだった。
「その後、外務省に出す」と聞いたんですが??っと尋ねてもやはりよく知ってないらしい。 
オレの結論としては連携してる役所、省、領事館は連携しているだけで結局何にもお互いに分かり合ってない個々の場なのだ。 来たものを順にしたがって処理していく。ただそれだけで、それを超えたことは自分で聞いてくださいと。聞けば聞くほど個々の場所は個々の場所の言い分しか言わなくて結局なにも同じ合っている物は一つもない・・・・ 自分で聞いた情報を整理し自分で答えを導くしかない。 頼みの中国領事館の人や中国弁護士は頭ごなしに人の話より彼らの話を言う。(僕の主観的意見) だぁーーーーーれも、オレの素人の話なんて聞きもしないとホントに思った帰ってからの3週間だった。
最近は頭がホント痛くなる・・・・
だから、国際結婚のスペシャリストやカナダにいる多くのLAWER(PRカードGETするためのに働く人たち)はお金ガッポガッポ稼いでいるのだと改めて思った。そして騙しも多い。 こんなに憤りを感じるならこんなめんどくさくて誰も同じこと言わないなら、
オイラもお金を払いたかった。 ただ金はない。そんな余裕なんてイチミリもありゃしない。仕事も五里霧中・・・

唯一言える事は、こんなへっぽこBLOGでも見て「あぁ~そうやるのかぁ」っと少しでも役に立てたらなぁ~とは思う。 きっと同じように困っている人はたくさんいる気がする。まぁ自分は「中国人」のしか今のとこわからないけど・・・しかも見てる人一日平均2人やで まぁなんも役にたたんなぁw まぁでも
次にしたことは
②外務省
大阪と東京で管轄が違うかもしれませんし、郵送かそうでないかもわかりません。っとのことだったのでとりあえず標準語の東京の外務省に電話する。
ちなみに、 東京の外務省 03-5501-8431もしくわ 03-3580-3311(僕はこっちにかけて好感触)
大阪は 06-6941-4700
東京に電話を掛けてわかったこと、
管轄はない!! んで、東京に出てくるなら一日待って翌日GETするかもしくは提出した後に返信用封筒と切手用意しておいて郵送してもらう。すぐに郵送してもらえるらしい。急ぎの人はこっちかな
どちらにしても、東京行きなら身分証明書 免許書がいる。

東京にいかず、郵送なら・・・・できればいきたいEROSTICAや知人にも会いたいし。。。でも今回は無理だね~
郵送の場合、10日前後かかり必要なのは
封筒、返信用封筒、切手、公印確認申請書、法務局でもらった証明書同封。
この公印確認申請書だが、 ここでGETできる
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/shomei/index.html#1_3
外務省って検索してもらって外務省のホームページを開けると右下のほうに・・・・
公印確認、アポスティーユっての見えるのでそこをクリックしてそこからプリントアウトできる。
後は出すだけ。外務省の方が言うには「簡易書留」ってのしとくと無くさずにすみますからのこと・・・いやーそんなのもあるんですね~しりませんでした・・・
後は、帰ってくるのを待つのみ!!! きっと最後は
③名古屋領事館
でしょう。領事館は管轄があると言ってたし、、、
とうとうGOALがみえてきたぞぉーーー。
[PR]
by foursideproduct | 2009-03-28 00:25 | ペはペペのペ


Kneel Down For Me!!!!! Lick My Blue Leather Boots!!!!!


by tassian

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

僕とDolis
致死量が爆発するまで
Aridity embryo
ペはペペのペ
Tの葬列(作品集)
いかさまENG.のスープ
EGGNOG
Y.T. eye

T.O. P TO M

F・E・T・U・S

以前の記事

2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月

その他のジャンル

ブログジャンル

ブログ

画像一覧